医療英語を身に付ける事が医療留学の中で一番の目的になります。
医療技術の革新、海外との往来の増加で現在、医療の国際標準化のニーズが高まりつつあります。
日本でも医療現場の国際化が本格的に動き出してはいますが、現状では現場で英語を話せる人材はまだまだ不足しています。
医療の国際標準化を目的とした国際的病院評価認証機関(Joint Commission International, JCI)の認証を受けている国内医療機関はまだ数が少なく、これからいよいよ医療英語を身に付けた人材が必要とされてくると思われます。

また、医学研究の分野では必ず英語が必要になります。国際学会は全て英語です。医学英語がわからなければもちろん学会で発表すらできません。

医療現場で研修では活きた医療英語を実践的に学ぶだけでなく、海外の医療現場の特徴を知ることが出来ます。
そのノウハウは日本に帰っても実践的に生かすことが出来るかもしれません。
フィリピン・セブ島オーストラリア・メルボルン

OETについて

OETとはOccupational English Testの略で、医療従事者のための英語力判定試験です。
医療現場で必要とされる英語力を判定するもので、オーストラリアでの専門職の登録、就職するために必要な英語力の証明として、IELTS以外にこのOETが認められています。

OETとIELTSの違いは?
OETは、リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングから構成されており、試験問題が医療関連に特化しています。医療従事者の方であれば内容にも馴染みやすいでしょうし、医療現場で毎日起こりえるシチュエーションを想定して問題が作成されているため、IELTSより高得点を取りやすいでしょう。資格登録をするためには4セクション全ての科目でB以上の成績をとる必要があります。
一方、IELTSは大学や教育団体の入学基準として用いられています。ビジネスや環境問題のような様々な分野を主題として問題が出されるので医療の背景がほとんどありません。
リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングから構成されており、資格登録をするには、IELTS全セクションで7.0以上の成績をとる必要があります。メリットは年間試験回数が多く、試験料もOETに比べて安くなっている点です。

MI海外留学資料請求

短期~長期 フィリピン・セブ島での医学実習プログラム

オブザベーションだけでは終わらない 英語+臨床実習

医学部の最終学年に在籍する医学生を対象にした、専門性の高い研修プログラムがスタートします。マンツーマンレッスン中心で集中的に英語を学び、現地での生活に慣れたらセブ医科大学付属病院(CDUH)での臨床実習をスタート。医師や研修医と一緒に24時間業務も体験できる充実した内容です。

CDUHでの実習に含まれる内容:
医師と研修医の回診、カンファレンス出席、その他割り当てられる医療活動。これらはCDUの4年生を修了する医学生が通常行っている活動です。平日は7:00 AM - 5:00 PM、土・日・祝日は7:00 AM - 12:00正午が通常の活動時間です。放射線科と病理学での実習を除き、3日毎に24時間業務が割り当てられます。病院内では白衣を着用してください。
地域医療での臨床実習はコンソラシオン町内の Barangay Cabangahan でコミュニティアウトリーチプログラムを提供している Kauswagan Community Clinic に割り当てられます。場所はCDUHから約15kmの距離にあり、活動には地域調査のための家庭訪問、外来患者の臨床業務、昼間の往診、家庭保健クラスでの講義から成るフィールドワークが含まれます。セブの北にある田舎の村々ですから大人と子供への医療に関わっていただきます。この地域の教育的達成レベルは小学校から高校が一般的で、大学に進学した人はごく一部です。家庭の収入は1ヶ月60-120米ドル程度、住民の85%がカトリック信者です。ほとんどが農民、公用車のドライバー、従業員で、大多数が英語を理解し、話すことができます。
留学生は常に研修医直属となり、CDU医学部4年生の学生、CDUHの大学院生インターンと一緒に取り組んでいただきます。


Pacific Tree(パシフィックツリー)
環境の良いセブ島にあり、講師レベル、設備、住環境も非常に整った語学学校です。基本的な英語力が十分な方は医療英語も学ぶことができ、マンツーマンを中心に質の高いレッスンを提供しています。

研修先: CDUH(Cebu Doctors' University Hospital)
CDU(セブ医科大学)付属病院で、質の高い医療サービスを提供すると同時にCDUの医学生や看護学生に最高レベルの実習環境を整えている他、地域医療を希望する研修生は郊外の離れた農村地帯での活動に関わることができるようになっています。海外の医学生にも臨床実習の機会を提供しており、アメリカ、英国、ドイツからも定期的に研修生を受け入れています。

研修地 フィリピン・セブ島
研修校 Pacific Tree(パシフィックツリー)
実習先 CDUH/Cebu Doctors' University Hospital(セブ医科大学付属病院)
研修期間 3週間以上(語学1週間+臨床実習2週間)
内容 パシフィックツリーでの語学研修後、目的に応じた専門分野で臨床実習
滞在方法 ホテル滞在(シングルまたはツイン)
受入可能な分野 内科、小児科、外科、産婦人科、眼科、放射線科、病理学、地域医療
参加資格 ・医学部に在籍し、臨床実習開始時に医学教育の最終学年に所属していること
・中級〜上級レベル以上の英語力があり、現地でのコミュニケーションが可能なこと
英語レベルが満たない場合は一般英語クラスを受講し、英語レベルをアップすることから始めます
・出発前にM.I.海外留学の英語インタビューを受けられること(電話可)
・英文の成績証明書、担当教授の推薦状(英文)を提出できること
お申込みの時期 出発予定日の4ヶ月前にはお申し込みください
留学費用 留学期間、英語力により異なりますので、お問い合わせください。
個別にお見積書を発行させていただきます。

短期~長期 オーストラリア・メルボルン医学研修留学・OET準備コース

あなただけのプログラムで学ぶ 英語+医学実習

M.I.海外留学では、より専門的な研修を希望している医師または医学生のために、お1人から参加できるプログラムを企画しました。スタートは多国籍クラスの英語コースに病院からの講師による英語レッスンをプラス。後半は提携している病院にて個別に手配された病院実習を受けることができます。

MLC (メルボルン ランゲージ センター)
1988年に創立された語学学校で、世界各国から集まる留学生に質の高い英語レッスンとサポートを提供しています。この学校はOET対策コースのパイオニアで、他にも看護研修やアロマセラピーなど医療系を含む多彩なプログラムがあります。日本人スタッフも常駐している点もご安心いただけます。
OET対策クラス:OET特有の出題形式を熟知した講師の指導により、解き方のコツを見につけ実践できる力を養います。海外の医療従事者が集まり、オーストラリアでの登録や就職を目指して勉強しているので、一緒に講義を受けることによって更にモチベーションをアップできることでしょう。

研修先の例:
大規模な総合病院で、メルボルンにあるオーストラリアの最大の教育研究病院の中の1つです。医学部生が実習を行っています。ベッド数は640床あり、オーストラリアで3番目の大きさを誇る小児科とビクトリア州で一番大きい産婦人科があります。教育とリサーチに力点を置いた教育・研究センターもあり、体外受精(IVF)もこの大学生殖開発研究所で開発されたものです。研修では、現地医学生や研修医についてシャドーイングする事ができます。

研修地 オーストラリア・メルボルン
研修校 Melbourne Language Centre (MLC)
実習先 公立病院他
研修期間 3週間より最長1年
内容 MLCにて、一般英語、EAP進学英語コース、またはOET準備コースを受講後、目的に応じた専門分野で病院実習。
滞在方法 ホームステイ(食事1日3回付)
単位認可制度 大学によってはこの研修が単位として認められる場合もあります。
参加資格 ・医師または医学生であること(日本で実習経験がある事が望ましい)
・中級レベル以上の英語力があること(目安:TOEIC530、TOEFL500、IELTS5.5)
英語レベルが満たない場合は一般英語クラスを受講し、英語レベルをアップすることから始めます。
・出発前にM.I.海外留学の英語インタビューを受けられること(電話可)
お申込みの時期 医学生の方:出発予定日の4ヶ月前にはお申し込みください。
医師の方: 出発予定日の半年前にはお申し込みください。
留学費用 留学期間、英語力により異なりますので、お問い合わせください。
個別にお見積書を発行させていただきます。

医学留学 スケジュール例

★スケジュール例★ 医学部 5年生の場合

※ スケジュール例です。留学先コースによって内容が変わりますので参考までにご覧ください。

  AM PM
1週目 月〜金 英語レッスン:OET試験対策コースを受講
  土/日
終日フリー 
2週目 月〜金 英語レッスン:OET試験対策コースを受講
  土/日 終日フリー 
3週目 月曜日 病院実習にて
小児病棟、病理棟、血液検査ラボ見学
アジソン病患者から話を聞く
  火曜日 循環器 外部ドクターとのミーティングに参加。
回診 Heart Mate使用の患者の聴診。AFに関しての説明。
  水曜日 循環器回診
担当患者の今後の治療法に関してディスカッション
カテーテルラボにて血管狭窄部位の特定見学。
Pace Makingの処置や中心静脈のカテーテル処置見学。
  木曜日 カテーテルラボでのBiopsy。
HLA-B58-01の国別リスクやAllograft Vasculopathyのプレゼンを聞く。
夕方  医学部生と糖尿病の講義に参加。
  金曜日 ICU、救急を見学
Hyperbaricについての説明 
  土/日 現地出発。
 

医療留学体験者の声

オーストラリア・メルボルン短期・医学専門研修 筑波大学5年生(語学3週間、病院実習1週間)

私は今回の留学が初めての海外渡航であり、行くまでの間は非常に不安でしたが、1ヶ月の滞在は私にとってかけがえのないものになりました。

英語に関しては、スムーズに言いたいことを表現できなかったり、一回で聞き取れなかったりと英語力の未熟さを実感することも多々ありましたが、徐々に、最初に比べてスムーズにコミュニケーションが取れるようになってくる感覚もありました。渡航前はTOEFLなどの試験のために漠然と英語を勉強していましたが、実際に海外で生活をしたことで、もっと自分の思っていることを伝えたい、沢山のことを話したい、と英語を勉強する目的が明確になりました。

病院実習では、日本との違いを沢山知ることができました。特に、GPの先生についてクリニックで実習をさせて頂いたことは私にとって最も大きな経験でした。実際に診察を見学させて頂くことで、GPがどのようなものであるか理解を深めることができ、私にとって非常に魅力的な医師像であると感じました。日本ではGPのような分野は十分に確立していないため、今後もGPについてさらに勉強をしたいという新たな目標も見つけることができました。

また、オーストラリアの人々はとても暖かく、日本とは異なる生活も体験することができ、世界が広がりました。この一ヶ月間、多くの方に出会い、沢山の優しさに触れ、とても幸せな時間を過ごすことができました。
申し込み時期が遅かったにもかかわらず、今回の留学を受け入れて下さり、帰国まで細やかなサポートをして下さったマドレさんを始めとするM.I海外留学の皆さん、また、病院見学を受け入れて下さった先生方、英語の学習をサポートして下さったMLCの先生方やクラスメート、ホストファミリー、留学をサポートして下さったすべての方々に感謝申し上げます。
多くの方にお力添えを頂き、私のかねてからの夢であった海外留学はとても素敵な経験となりました。私にとっては非常に大きな挑戦でしたが、挑戦できて本当に良かったです。ありがとうございました。

医療英語コース・OET準備コース

医療英語コース オーストラリア・シドニー

学 校 Sydney College of English
所在地 オーストラリア シドニー
対 象 医療に関係している方のみ
コース 医療英語プログラム
(医師・看護師・医療の様々な分野で働く人のための実践的な英語を学ぶためのコース。
期 間 4週間~12週間
おすすめポイント エントリーテストがあり、合格した方はすぐに医療英語コースを開始、一般英語から受講を開始し医療英語に移行も出来ます。有料と無料がありますが定期的に病院、看護大学施設見学なども行っています。質の高い充実した授業になっています。少人数制でしっかりと医療英語を学びたい人にはオススメです。
費 用 お見積もりいたしますので、まずはお問い合わせ下さい。
その他 空港券の手配、ビザ申請、海外旅行保険加入などはM.I.海外留学でサポートさせていただきますので、わからないことは何でもおたずね下さい。現地での生活のアドバイスなどもいたします。
オンライン学習 オンラインで医療英語を学ぶことができるようになりました。
詳しくはこちらからhttp://sce.edu.au/english-online/jp/クーポン番号2362を入れると3000円オフ!!

医療英語コース イギリス・ボーンマス

学校 ETC International
留学先 イギリス・ボーンマス
対象 特に規定はありませんが、クラスは各国からの医師や看護師など医療関係者が多いです。
入学条件 医療英語に興味をお持ちの方。
コース 医療英語コース 一般英語20レッスン+医療英語10レッスンの合計週30レッスン
期間 1週間から受講可能
おすすめポイント ボーンマスのクリニック訪問あり。(有料)

医療英語コース イギリス・ボーンマス

学校 Anglo-Continental
留学先 イギリス・ボーンマス
対象 医療従事者の方
医学生の方
医療英語に興味をお持ちの方
入学条件 英語レベル中級以上
コース 医療英語コース 
(医療従事者コース・医学生コース)一般英語20レッスン+医療英語10レッスンの合計週30レッスン
期間 2週間~4週間
おすすめポイント 医療英語コースはクラス平均4人で最高6人の少人数クラスです。(夏のハイシーズン除く)

医療英語コース カナダ・バンクーバー

学校 Ilsc Education Group
留学先 カナダ・バンクーバー
対象 医療従事者の方や医学生の方
医療英語を上達させたい医療を専門とする方
入学条件 英語レベル中級以上
コース 医療英語コース 
(医療従事者コース・医学生コース)一般英語20レッスン+医療英語10レッスンの合計週30レッスン
期間 4週間~12週間
おすすめポイント 1セッション4週間で構成され、全部で3セッションあります。どのセッションのスタート日からでの始めることができます。

医療英語コース フィリピン・セブ島

学校 セブ医科大学付設 ESLセンター
留学先 フィリピン・セブ
対象 医療英語に興味をお持ちの方
入学条件

中級以上の英語レベルがあること。

コース 医療英語コース 1日マンツーマンレッスン4レッスン+1:4グループレッスン2レッスンの週30レッスン+週に1度のアクティビティ(病院見学・大学見学・医大生との交流など)
期間 1週間~24週間
おすすめポイント マンツーマンレッスンが主体で、授業料も比較的安くおさえられる点が魅力です。週に1度、病院見学などのアクティビティがあります。

医療英語コース フィリピン・セブ島  個別カリキュラム

学校 Pacific Tree International Language Academy
留学先 フィリピン・セブ
対象 将来英語圏での就労を目指している方 母国での就労において英語を必要としている看護科卒業生
入学条件 中級以上の英語力があること
コース マンツーマンレッスンで、生徒に合わせたオーダーメイドのカリキュラムで、医療用語など知識を身につける事ができます。
期間 1週間~24週間
おすすめポイント ケンブリッジTKTの一定基準を満たした講師ばかりで、教育の質の高さはフィリピン内でも上位です。

OET準備コース オーストラリア・メルボルン

学 校 Melbourne Language Centre
所在地 オーストラリア メルボルン
対 象 医師・看護師、助産師・歯科医・獣医・薬剤師・作業療法士・理学療法士・放射線技師・
入学条件 ・日本において各専門職の資格を持っていること。
・臨床経験があること。
・中級以上の英語力があること。 (目安:IELTS5.0またはMLCジェネラル・イングリッシュレベル5)
コース OET準備コース(医療専門英語テストのためのコース) 
・英語に関する必須事項 ・医療環境における英語 ・医療専門英語テストの準備
期 間 12週間〜
おすすめポイント オーストラリアでの医療と英語に興味がある方にオススメです。 
費 用 お見積もりいたしますので、まずはお問い合わせ下さい。
その他 空港券の手配、ビザ申請、海外旅行保険加入などはM.I.海外留学でサポートさせていただきますので、わからないことは何でもおたずね下さい。現地での生活のアドバイスなどもいたします。

OET準備コース オーストラリア・シドニー

学校 Sydney College of English
留学先 オーストラリア・シドニー
対象 医療に関係している方のみ
コース OET準備コース
入学条件 強上中級もしくはそれ以上
期間 1週間~8週間
おすすめポイント OETの模擬テストが実施されます。(講師からのフィードバックあり。)

OET準備コース ニュージーランド・ハミルトン

学校 Waikato Institute of Education
留学先 ニュージーランド・ハミルトン
対象 ・母国に帰って医療英語の知識を活かしたい方。
・ニュージーランドの大学で医学分野を専攻していて、知識を深めたい方。
入学条件 英語レベル中級以上
コース

OET準備コース フルタイム授業と午後のみのパートタイム授業が選べます。

期間 2週間~34週間
おすすめポイント OETの公式試験会場になっているので、学校でOET試験を受けることができます。
MI海外留学について

 

運営者情報

M.I.海外留学
〒616-8228
京都府京都市右京区常盤下田町20-613

【営業時間】09:30~18:00

Copyright (C) M.I.海外留学 All Rights Reserved.